文字サイズ

0120-954-223(予約専用)
受付時間:8:30~17:00
※日曜・祝祭日休日巡回健診:046-867-2877
人間ドック・健診のご予約
戻る
menu
腹部エコー検査についてのご説明

腹部エコー検査について

腹部エコー検査とは

痛みのない検査

高い周波数の超音波を腹部にあて、腹部臓器の状態を調べる検査です。胃や腸、肝臓、胆嚢、膵臓、腎臓、脾臓、大血管の様子を観察することができます。
検査は、X線やCTなどと違い、被爆もなく安全な検査です。短時間で非常に多くの情報をリアルタイムに得ることができるので、有効な検査です。

腹部エコー検査にかかる時間

10分~15分/1人
(検査内容により時間は変わります。)

腹部エコー検査方法

検査用のゼリーを腹部全体に塗りながらプローブ(探触子)を当てて観察します。
検査中は観察する部位によって「大きく息を吸って、止めて、」と技師から声がかります。指示があったらできるだけそのように呼吸してみてください。

※身体に痛みがあったり、体調不良などで検査に不安がある方は、遠慮なく申し出てください。

腹部エコー検査でわかる病気

胃・腸管から肝臓、腎臓、膵臓、胆嚢、脾臓など各臓器の腫瘍性の病気、脂肪肝、胆嚢ポリープ、胆石、腎のう胞、腎結石、尿管・膀胱結石、前立腺肥大、子宮筋腫、卵巣のう腫などがわかります。
大きさ・形・血流についても情報が得られます。

ページトップへもどる