文字サイズ

0120-954-223(予約専用)
受付時間:8:30~17:00
※日曜・祝祭日休日巡回健診:046-867-2877
人間ドック・健診のご予約
戻る
menu
検査項目についてのご説明

肺機能検査(スパイロメーター)について

基準値

  • %肺活量・・・予測肺活量の80%以上
  • 1秒率  ・・・70%以上

どんな時に受ける?

肺の病気が心配なときに受けます。
せきや痰(たん)の多い人や喫煙者は、とくにこの検査を受けることをお勧めします。

どんな検査?

スパイロメーターという測定器を用いる検査で、肺を出入りする空気の量や速度を測定し、肺の働きや呼吸の病気がないかを調べる検査です。

検査の要領とデータの意味

検査は、鼻をクリップでつまんで、マウスピースをくわえ、思い切り、一気に息を吐き出す行為を繰り返します。
これによって得られるデータから、呼吸機能を調べます。

1回換気量

安静にして普通に呼吸した時の吸った息(吸気)と吐いた息(呼気)の量

肺活量

肺に入る空気の容量で、思い切り息を吸って、思い切り吐き出した時の息の量

努力性肺活量

胸いっぱいに息を吸い込み、最大の速さで一気に吐き出したときの空気の量

%肺活量

予測肺活量(性別・年齢・身長から予測)に対する、その人の実際の肺活量(努力性肺活量)の割合で、80%以上が基準値とされています。

1秒量

努力性肺活量のうち、最初の1秒間に吐き出した息の量

1秒率

1秒量が努力性肺活量に占める割合で、70%以上が基準値とされています。

検査で何が分かる?

「肺年齢」や「呼吸器の病気」の有無とその重症度がわかります。
%肺活量が低い場合は、肺が固くなったり、呼吸筋が弱くなったりして、肺が十分に拡がらないため、肺の空気を入れる容量が少なくなっている可能性があります。
1秒率が低い場合は、気道が狭くなって息が吐きにくくなっている可能性があります。

異常がある時に疑われる病気

%肺活量が低い場合は、間質性肺炎、サルコイドーシス、肺線維症、胸膜炎等が疑われます。
1秒率が低い場合は、COPD(慢性閉塞性肺疾患)、気管支ぜんそく等が疑われます。

ページトップへもどる