文字サイズ

0120-954-223(予約専用)
受付時間:8:30~17:00
※日曜・祝祭日休日巡回健診:046-867-2877
人間ドック・健診のご予約
戻る
menu
前立腺がん検査についてのご説明

前立腺がん検査について

前立腺がんとは

前立腺がんとは、男性にだけ存在する前立腺から発生するがんです。
前立腺がんは高齢者のがんといわれており、約90%が60歳以上の方で、近年 急激に増えてきています。

前立腺がんは一般的に進行が遅く、発がんしてからがんと診断されるまでには数年かかります。また他のがんにくらべ、薬が効きやすいという特徴もあります。
現在、健康診断でPSA(前立腺特異抗原)の項目が追加されたため無症状でも発見されるようになりました。
PSA(前立腺特異抗原)検査はオプションにてお取り扱いがございますので、お申し込み下さい。

前立腺がんとは

症状

初期では、自覚症状がほとんどありません。健康な方でも50歳を過ぎたころから、前立腺肥大の症状が見られるようになり、尿の出が悪い・トイレが近い・残尿感がある・尿の切れが悪いなどの症状が出始めますが、前立腺がんでも同じ様な症状が見られます。
また、下肢痛・腰痛があり整形外科を受診した際に、骨転移から発見される事もあります。

前立腺がんの症状

前立腺がん検査の流れ

前立腺がん検査の流れ

診断方法について

PSA測定

一次スクリーニング検査として、PSA測定を行います。(血液検査)
PSAの正常値は4ng/mlです。PSAが正常値を超えている場合は、精密検査が必要になります。

MRI・・・前立腺がんの有無、進行度合いを確認します。

これらの検査で前立腺がんの可能性がある場合、前立腺生検検査を行います。

ページトップへもどる